買う前に知っておくべきラクトフェリンの効果と副作用

サプリメントの成分として話題になっているのがラクトフェリンです。

 

こちらでは、ラクトフェリンはどんな効果効能があるのか、さらに危険性はないのか、といったことを中心に解説します。

 

ラクテフェリンの摂取を考えている方は必見です。

 

 

■ラクトフェリンの効果効能とは?

 

・抗菌作用あり

 

ウイルス等に強みを発揮し、免疫機能を高める。

 

といった機能があります。

 

ラクトフェリンには具体的には鉄に対する作用があるのです。

 

鉄と結合する作用があるのですが、実はウイルスも鉄を利用しています。

 

ウイルスは成長して増えるために鉄を利用することがわかっています。

 

しかし、ラクトフェリンが鉄を利用するので、ウイルスに利用させません。

 

その結果、抗菌作用が発揮され、免疫システムも向上するのです。

 

ラクトフェリンが特に活躍するのが、胃と腸です。

 

胃と腸にウイルスが入ると体全体に悪影響がもたらされます。

 

そういった状況を防ぐ効果がラクトフェリンにはあるのです。

 

 

・抗酸化作用あり

 

要はアンチェイジング効果が期待されています。

 

身体が酸化することによって起こってしまうのが老化です。

 

特に注意して欲しいのが活性酸素です、大量に作られてしまうと、身体がどんどんと老化してしまいます。

 

その活性酸素の中には「ヒドロキシラジカル」といったものがあります。

 

実は鉄を利用して働くことがわかっているのです。

 

鉄が体内にたくさんあると、結果的に多く発生してしまいます。

 

ラクトフェリンには前述したように鉄と結合する性質があります。

 

体内の鉄を減らせる機能があるので、ヒドロキシラジカルの発生を抑制できます。

 

その結果、アンチエイジングにつながってくるのです。

 

 

・腸内環境を良くしてくれる

 

腸内には善玉菌と悪玉菌があるわけですが、ラクトフェリンには善玉菌を強化する作用があります。

 

悪玉菌を抑制できるので、便秘とったものを防ぐこともできるのです。

 

ダイエットにもつながってきます。

 

 

■ラクトフェリンには副作用はあるのか?

 

・今のところ副作用報告はない!

 

安心して欲しいのですが、現状ではラクトフェリンには副作用があるといった報告はされていません。

 

非常に安全性が高い成分と言って間違いありません。

 

安全だからといって、どんな利用をしてもよいのではありません。

 

注意して欲しいのが過剰摂取をしてはいけない、といったことです。

 

適量の摂取を続けてください。

 

サプリメントの過剰摂取はラクトフェリン自体に問題がなくても、胃腸を痛めることになってしまいかねません。

 

 

おすすめ商品レビュー