乳酸菌とラクトフェリンはどちらを摂取すれば腸にとっていいの?

腸に良いとされる成分はいくつかあります。その中でも注目されているのが、乳酸菌とラクトフェリンです。

 

こちらでは、乳酸菌とラクトフェリンのどちらを摂取したほうが、より腸のためには良いのか、といったお話をします。

 

腸内環境を改善させたい、と思っている方は必見です。

 

 

■基本的にはどちらを利用しても構わない

 

・双方ともに腸にとって良い効果をもたらしてくれる

 

ラクトフェリンも乳酸菌も腸内の善玉菌の割合を増やす、といった目的を持って利用されます。

 

ですから、利用すると同じような効果が得られるわけです。

 

一般的に、腸の環境悪化は悪玉菌おかずが増えることによって引き起こされてしまいます。

 

便秘になってしまったり、代謝機能が衰えてしまったり、と様々な状況悪化を招いてしまうのです。

 

ただ、注目して欲しいのが、乳酸菌は菌そのものであり、ラクトフェリンはタンパク質である、といったことです。

 

乳酸菌は菌としての働きしかありませんが、ラクトフェリンには全体をカバーするような作用まで期待できるのです。

 

ラクトフェリンは善玉菌と悪玉菌の双方に直接作用します。

 

善玉菌を増やすことも出来ますし、鉄分と結合して、悪玉菌にえさが行き渡らないようにもしてくれるのです。

 

より高い効果を得たいのであれば、ラクトフェリンの効果がおすすめです。

 

 

■ラクトフェリンと乳酸菌の大きな違いとは?

 

・食品で摂取できるか、出来ないか

 

ラクトフェリンに関しては、熱に非常に弱い、といった性質があります。

 

牛乳に含まれているのですが、加熱殺菌をされてしまうとほとんど摂取できません。

 

ですから、サプリメントで摂取する必要があります。

 

乳酸菌に関しては発酵食品などを利用して摂取できます。

 

たとえば、キムチや納豆などを食べる、といったことでも体内に補給できるのです。

 

 

・効果に微妙な違いがある

 

腸には同じような作用があるのですが、ドライアイや疲れ目、といったものにも期待できるのです。

 

目の異常を感じている方にもラクトフェリンはおすすめです。

 

 

■ラクトフェリンと乳酸菌は併用してもよいの?

 

・併用すべき

 

実は、併用をしたほうが良い結果が出る、といったことまで言われているのです。

 

そもそも乳酸菌については食べ物でも積極的に身体に取り込めます。

 

ですから、乳酸菌をキムチや納豆などで積極的に補給し、その上でラクトフェリンをサプリメントで摂取する、といったことがおすすめなのです。

おすすめ商品レビュー