ビフィズス菌は腸内や身体にどんないい影響をおよぼすの?

腸内環境を良くすることでお馴染みのビフィズス菌ですが、腸内や身体にどんな作用をもたらしてくれるのでしょうか。

 

なんとなく良い影響があるのでは、といったことはわかるのですが、その中身について深く理解している、といった方は圧倒的に少ないと思います。

 

こちらではビフィズス菌の働きについて徹底解説します。

 

お腹の調子が良くないのでビフィズス菌対策をしよう、と思っていた方は必見です。

 

 

■ビフィズス菌には整腸作用がある!

 

・腸内の有害菌を抑制させる効果あり

 

ビフィズス菌には様々な機能があることが知られています。

 

その最たるものに、乳酸と酢酸があります。

 

それらの成分が生み出されることで、腸内にある有害な菌の発生を抑制させることができるのです。

 

特に注目して欲しいのが腸内に生み出される腐敗産物です。

 

アンモニアやインドールといったものが該当するのですが、それらの数を減らせます。

 

腸内環境が整うことになり、結果的に蠕動運動が活発化します。

 

便秘などの解消にも大きく関わっているのです。

 

 

■ビフィズス菌には免疫を正常化させる作用がある!

 

・腸の免疫力アップ

 

我々の体の免疫システムがしっかりと稼働している間は、病気にもかかりにくいです。

 

その免疫ですが、実は全身の中でも特に腸に集中しているのです。

 

全体の6割から7割がある、とされています。

 

ビフィズス菌を摂取すると腸内環境が整うことになるのですが、その結果、免疫力が高まることも分かっています。

 

免疫システムの異常で発生してしまうアレルギーを緩和させるような効果も期待されているのです。

 

免疫にはがんの発生を抑制させるような効果も実際にあります。

 

ガンの発生が抑制されることで、寿命をのばす、といったことも可能です。

 

 

■ビフィズス菌にはダイエット効果もある!

 

・脂質代謝を改善させる機能あり

 

ダイエットを成功させるためには、いかに脂質を代謝するかが重要です。

 

しかし、腸内環境が悪化していると、どうしても脂質代謝が悪くなってしまいます。

 

ビフィズス菌が減ってしまっていると、脂質代謝が悪くなり中性脂肪やコレステロールも悪化してしまいます。

 

生活習慣病に対処するだけの力がビフィズス菌にはあるのです。

 

メタボリックシンドロームと診断されてしまった、といった方は積極的にビフィズス菌を摂取しましょう。

 

腸内環境が改善して痩せやすなりますし、血管も健康的な状態になります。

 

 

おすすめ商品レビュー