本当にラクトフェリンで内臓脂肪は落とすことはできるのか?

痩せるためには運動をしなければならない、食事制限をしなければならない、といったことが言われています。

 

しかし、最近では、サプリメントを飲むだけのダイエット法も確立されています。

 

サプリメントの成分がダイエットしやすい体内環境を整えてくれるのです。

 

こちらでは、内臓脂肪に大きな役割を果たしてくれるとされるラクトフェリンに注目します。

 

実際にどのような効果が期待できるのでしょうか。

 

本当に内臓脂肪が減るのでしょうか。

 

 

■ラクトフェリンは実際に内臓脂肪を減らす作用あり

 

・実験により内臓脂肪面積が減ったことが確認されている

 

内臓脂肪面積の増減を調査した実験が実施されています。

 

ラクトフェリンを摂取した層と、プラセボ(偽薬)をした層を比較してみたのです。

 

その結果、8週間で、12.8平方センチもの差が出たことが分かりました。

 

内臓脂肪が大幅に低減したのです。

 

問題は、なぜラクトフェリンに内臓脂肪を低減させる機能があるのか、といったことですよね。

 

利用するにしても、しっかりと確認してから飲みたいものです。

 

 

■ラクトフェリンが内臓脂肪に役立ってくれるメカニズム

 

・脂肪の分解を促進させてくれる機能あり

 

脂肪を分解するためには、分解酵素といったものが働かなければなりません。

 

脂肪は身体にとっては大事なエネルギーなのでそれほど急には減りません。

 

分解酵素の能力は高くはないのです。

 

しかし、ラクトフェリンには、その分解酵素の働きをオサポートする能力があります。

 

分解酵素が大いに活躍できるような状態にしてくれ、普段よりも脂肪を多く分解させる、といった機能が期待できるのです。

 

たとえ脂肪が沢山ついていたとしても、分解する量が増えていけば徐々にその量は減ります。

 

 

・脂肪をつきにくくしてくれる

 

脂肪の分解を促進してくれたとしても、脂肪が身につきやすい状態のままであれば、なかなか痩せることは出来ません。

 

しかし、ラクトフェリンにはもう一つ素晴らしい機能がありました。

 

脂肪を減らすだけではなく、身につきにくくしてくれるのです。

 

一般的にエネルギーが脂肪となって体内に蓄積されることになります。

 

しかし、ラクトフェリンを利用することで、エネルギーが脂肪化することを阻害してくれるのです。

 

いままで脂肪となって身についてしまっていた炭水化物などが、脂肪にならずに体外に排出されるようになる感覚です。

 

以上の2つの機能があるからこそ、ラクトフェリンはダイエットにとても効果的な成分とされているのです。

 

 

おすすめ商品レビュー