空腹時の服用がより効果的!ラクトフェリンを効率よく摂る方法

ラクトフェリンは夕方以降の接種がおすすめとされていることが分かっています。

 

一方で、空腹時に飲んだほうが良い、ともされているのです。

 

こちらでは、なぜラクトフェリンはお腹が空いている時に摂取したほうが良いのか、といったことをお話します。

 

 

■ラクトフェリンを空腹時に飲んだほうが良いとされる理由

 

・破壊され難くなるから

 

ラクトフェリンは、熱や酸に弱い、といった特徴があります。

 

食事を食べた直後に摂取してしまうと、胃酸がたくさんある状態です。

 

ですからラクトフェリン自体が破壊されてしまって、良い効果が発揮されないような状態になってしまいかねません。

 

だからこそ、空腹時の胃酸が少ない状態に飲んだほうが良い、とされているのです。

 

ただ、必ずしも空腹時に利用したほうが良い、とも言えません。

 

もともと、胃腸が弱い、といった方は空腹時にサプリメントを利用すると、胃腸の負担になってしまう可能性があるのです。

 

そういった方は無理をせずに食後などに摂取してください。

 

自身の体調に合わせて摂取するのがおすすめです。

 

ちなみに、ラクトフェリンには腸の働きを正常化させる機能があります。

 

継続していけば状態が良くなってくるケースもあるので、最初は食後の利用であったとしても、段々と空腹時の利用ができるようになるかもしれません。

 

 

■サプリメントは進化しているから無理して空腹時に飲まなくてもオッケー!?

 

・コーティング技術の向上に注目

 

サプリメントはしっかりとコーティングされており、胃酸から守ってくれるような状態になっています。

 

多くのラクトフェリンサプリメーカーでは、最新鋭のコーティング技術を採用しているので、胃酸で溶けてなくなってしまうような心配はありません。

 

腸まで直接ラクトフェリンが届く状態にしているのです。

 

 

■ラクトフェリンサプリによっては食事後に飲むほうが良いケースも

 

・ペプシン(酵素)に関係性のあるサプリについて

 

ラクトフェリンサプリメントに関しては、ペプシンと呼ばれている腸内の酵素の成分と反応させるタイプがあります。

 

その場合は、食事後に飲んだほうが効果が発揮される、としているのです。

 

ペプシンと呼ばれる酵素の働きによってラクトフェリシンといった物質が生み出されます。

 

その物質が、大腸菌やピロリ菌を殺菌してくれるのです。

 

悪玉菌対策としてラクトフェリンを利用する場合には、食後に飲む、といった方法もあるのです。

 

 

おすすめ商品レビュー