辛い花粉症にも有効的?ラクトフェリンで症状緩和できるの?

毎年春がくるのが憂鬱、といった方も少なくありません。

 

春には、花粉症がやってきてしまいます。

 

花がムズムズし始めてしまい、くしゃみや鼻水、そして鼻づまりや涙、といった症状が止まらなくなってしまうのです。

 

いわゆるアレルギー症状の一つです。

 

花粉症に対しては、有効な対策法がなかなかありません。

 

根本的な治療ができないでいるのです。

 

しかし、良い効果を発揮するのではないか、とされる成分は発見されています。

 

その一つの成分がラクトフェリンです。

 

こちらではラクトフェリンには、本当に花粉症を緩和させる効果が有るのか、といったことについてお話します。

 

 

■ラクトフェリンは花粉症の症状を緩和させる可能性あり!

 

・症状を起こす物質の生成が抑制されるかも

 

ラクトフェリンによる花粉症の緩和効果ですが、ヒスタミンやロイコトリエンに関わっています。

 

それらの物質は、花粉症の鼻詰まりやくしゃみ、そして鼻水などの症状を引き起こしてしまうものです。

 

それらの物質の発生を抑制できれば、花粉症の症状を緩和させることが出来ます。

 

ラクトフェリンには、ヒスタミンやロイコトリエンになる段階の前に働きかける作用があるのです。

 

ヒスタミンやロイコトリエンが生成される前には、免疫系のT細胞やB細胞が関わっています。

 

それらの細胞が抗体を作り、その後に花粉のアレルゲンと結合してしまうことでヒスタミンやロイコトリエンが生み出されます。

 

ラクトフェリンはT細胞に作用することが分かっているのです。

 

要は、T細胞でアレルギー症状の発生を遮断してしまうのです。

 

結果的にヒスタミンやロイコトリエンが生み出される量が圧倒的に少なくなります。

 

 

■ラクトフェリンはアレルゲンの侵入抑制作用もある!

 

・体内にアレルゲンが入らないようにしてくれる

 

アレルギー作用はアレルゲンが体内に入ることが大きく関係しています。

 

要は、アレルゲンが体内に入らなければ、アレルギー症状が出てしまうようなことはなくなるのです。

 

ラクトフェリンは、そのアレルゲンの体内に入るような作用を抑える働きも認められています。

 

免疫物質の一つにNK細胞と呼ばれているものがあります。

 

その細胞をラクトフェリンは増やすことが出来るのです。

 

免疫が正常に機能することで、アレルゲンの侵入を拒むことが出来ます。

 

仮にラクトフェリンの影響で花粉のアレルゲンが入ってこなくなれば、完全に花粉症を防ぐことも可能です。

 

 

おすすめ商品レビュー