ラクトフェリンはいつ、どんな飲み方をしたのが効果的なの?

腸内細菌を良い状態死にてくれると話題沸騰なラクトフェリンですが、サプリメントなどでも販売されています。

 

問題になってくるのはその飲み方です。

 

いつどのように飲めば、よりラクトフェリンの効果を高められるのでしょうか。徹底的に説明します。

 

 

■ラクトフェリンはいつ飲むのが効果的か?

 

・夜に飲むべき

 

サプリメントの中には、昼間に飲んだほうが良い、とするものがあることも事実です。

 

しかし、ラクトフェリンに関しては夜に飲んでください。

 

たとえば、

 

・夕食後に飲む
・寝る前に飲む

 

といった時間帯が適切なのです。

 

 

・なぜ夜に飲むべきなの?

 

ラクトフェリンの効果の一つに内臓脂肪の減少といったものがあります。

 

その効果が最も得られやすいのが、寝ている時なのです。

 

内臓脂肪に関しては健康にも関わる非常に大きな存在です。

 

これからついてしまうであろう脂肪の合成に関しても防いでくれる効果を持っているので、生活習慣病対策のためにラクトフェリンを利用しようと思っている方は、必ず夜に飲むように心がけてください。

 

近年ではメタボリックシンドロームで悩む方も増えてきています。

 

20代や30代と同じような食生活をしていると、40代は確実に太ってしまいます。

 

太ってしまうと、血圧などにも影響を与えてしまい、様々な健康被害が起こりやすくなってしまうのです。

 

ラクトフェリンにはダイエット効果も期待できるわけですが、より効果を得る方法を採用しましょう。

 

 

■ラクトフェリンはどのように飲むべきか?

 

・何で飲むのが適切なの?

 

基本的に、水を利用して飲んでください。

 

水であれば、ラクトフェリンの吸収を妨害してしまうこともありません。

 

飲み物によっては、せっかくの栄養素の吸収を阻害してしまうこともあるので気をつけましょう。

 

特に気をつけるべきなのが、お茶やコーヒーです。

 

利尿作用があるので、排出が優先されてしまう、といった可能性が少なからずあるのです。

 

ちなみに、水の温度にも気を使ってください。

 

お勧めなのは常温です。

 

冷たい飲み物で飲んでしまうと、腸の働きを弱めてしまいます。

 

下痢の原因になってしまう可能性もあるので、常温にすべきなのです。

 

 

・ヨーグルトドリンクで飲む方法もある

 

ラクトフェリンと相性が良いのが、善玉菌を含んでいるものです。

 

そもそも、ラクトフェリンには悪玉菌を殺菌して善玉菌をサポートする役割があります。

 

ヨーグルトには善玉菌が含まれているので、非常に相性が良いのです。

 

 

おすすめ商品レビュー