腸内の悪玉菌が免疫力低下や肌の老化などの悪影響をもたらす

お肌の老化で悩んでいる、といった女性は多いと思います。

 

30代になって急に老け込んだり、40代になって急に老けこむ、といったこともあるでしょう。

 

しかし、そのお肌の劣化は腸から来ているかもしれませんよ。

 

こちらでは腸内環境とお肌の関係について詳しくお話します。

 

 

■腸内の悪玉菌が増えるとお肌が劣化する理由

 

・代謝機能が衰えてしまう

 

腸内には菌がいるのですが、老化や様々な理由で悪玉菌の割合が増えてしまうことがあります。

 

善玉菌の割合と悪玉期の割合は一定であるとバランスが取れているのですが、年齢が高くなると崩れ始めてしまいます。

 

その結果、腸に大きな影響を与えてしまうのです。

 

腸内環境が悪化してしまうと、便秘になります。

 

悪玉菌の代表的な作用の一つです。

 

便秘になってしまうということは、腸内の働きが弱っていることを示しています。

 

その結果、代謝機能が弱まってしまうのです。

 

代謝機能が弱まってしまうと、血液の流れも悪くなってしまい、血管も収縮した状態になってしまいます。

 

血の巡りが悪くなると、まずお肌の見栄えが変わってきます。

 

血色が悪くなってしまうので、くすんでいるように見えるのです。

 

いわゆる透明感、といったものがなくなってしまいます。

 

さらに血液の巡りが悪いということが、新しい皮膚が生み出されにくくなってしまうことを意味します。

 

ターンオーバーが遅れてしまい、古い角質が残り続けてしまいます。

 

お肌にシミやソバカスなどが残り続ける原因にもなってしまいかねません。

 

 

・ニキビが発生することもある

 

おとなになってもニキビが発生してしまうこともあります。

 

便秘になると有害物質が腸内に発生し、それが血液によって全身に運ばれます。

 

毛穴などに悪い老廃物を排出していってしまうのです。

 

その結果、毛穴の状況が悪化して、結果的にニキビを発生させてしまいます。

 

 

■どうすれば肌荒れを抑制させることが出来るのか?

 

・腸内環境を改善させることが大事

 

最近ブームになっているのがラクトフェリンの利用です。

 

ラクトフェリンヨーグルトを飲んだり、サプリメントを利用する、といった対策方法もあります。

 

ラクトフェリンには悪玉菌を減少させる、といった作用があるので、腸内環境を整えてくれます。

 

ストレスを溜めないようにすることも大事です。

 

ストレスが高まると、腸の状態が悪化しますし血管を収縮させてしまうこともあるのです。

 

ストレス解消のためにも、睡眠時間を確保してください。

 

 

おすすめ商品レビュー