アトピー症状が改善されるって本当?ラクトフェリンの効果とは

ラクトフェリンには様座な効能があるとされています。

 

その中でも特に注目されているのがお肌に対するものです。

 

お肌の調子が悪くなってしまうと、容姿にも大きな影響を与えてしまいますよね。

 

特に女性にとってはかなり大きな問題になります。

 

こちら、ラクトフェリンがアトピーの改善に役立つのか、といったことをテーマにお話します。

 

アトピーに悩んでおり、ステロイド剤以外による対策を考えている方は要チェックです。

 

 

■ラクトフェリンの腸内環境改善作用がアトピーに効果を発揮する!

 

・腸内菌のバランスを整えてくれるのがラクトフェリン

 

体調が悪くなっている方の腸内を調べてみると、悪玉期の割合が増えている、といったことが多いのです。

 

腸内環境を良くするためには、まずは善玉菌を増やし、悪玉菌とのバランスを整える必要があります。

 

善玉菌と悪玉期の割合は、理想としては「8:2」とされています。

 

その比率に近づけることが必要になってくるのです。

 

ラクトフェリンには、善玉菌の働きをサポートする役割があるのです。

 

欲にヨーグルトなどの善玉菌を含んだものと一緒に摂取すると効果が高いことがわかっています。

 

腸内環境が良くなると、実はアトピーが改善することが分かっています。

 

アトピーを始めとしたアレルギーの元凶には、悪玉菌が大きく関わっているのです。

 

 

・なぜラクトフェリンは善玉菌をサポートできるのか?

 

ラクトフェリンは鉄分と結合する、といった働きがあります。

 

実は、悪玉菌は鉄分を食べることで繁殖して数を増やしているのです。

 

しかし、ラクトフェリンがあれば、食べ物を供給しない状態になります。

 

その結果、自然と定期的にラクトフェリンを摂取していれば、徐々に腸内は善玉菌が優勢になります。

 

アトピーが発生しにくい状況を守ることにもつながります。

 

 

■ラクトフェリンには免疫力に関わる作用もある

 

・アレルギーは免疫も関わっている

 

アレルギーはなぜ起こってしまうのでしょうか。

 

その一つの理由として、免疫疾患があります。

 

たとえば、花粉症は、花粉に対して過剰に免疫が反応してしまうのが原因です。

 

免疫力のバランスが崩れてしまっているから、くしゃみや鼻詰まり、そして涙といった症状が出てしまいます。

 

ラクトフェリンには、免疫力を正常化させる、といった作用が期待できます。

 

もちろん、過剰作用も抑制できるとされており、アレルギーに対して高い効果が期待できるのです。

 

 

おすすめ商品レビュー