話題のラクトフェリンは副作用やアレルギーの心配はないの?

様々な効果が期待されている話題のラクトフェリンですが、長期間利用するとなる時になってくることがあります。

 

それは危険性です。

 

こちらではラクトフェリンにおける副作用やアレルギーについてお話します。

 

ラクトフェリンを実際に利用しよう、と思っている方は必見です。

 

 

■ラクトフェリンとアレルギー

 

・アレルギーが発生する確率は極めて低い

 

科学的に作られているような物質ではないので、高い危険性は確認されていません。

 

元々牛乳が原材料となっているのがラクトフェリンです。

 

厚生労働省においても、アレルギーの発症確率は極めて低い、といったことが指摘されています。

 

ただ、問題になってくるのが、元々牛乳系のアレルギーを持っている方です。

 

可能性としては、そのような方に関しては何らかの症状が発生してしまう可能性があります。

 

たとえば、

 

・お腹がゆるくなってしまった
・お腹が痛くなってしまった
・蕁麻疹が出てしまった

 

といったものが考えられるのです。

 

アレルギーを持っていなかったとしても、乳製品を取るとお腹がゆるくなりやすい方は何かしらの作用が出てきてしまうかもしれません。

 

要注意です。

 

 

■ラクトフェリンに副作用はあるのか?

 

・特に大きな体調の変化は報告されていない

 

今のところラクトフェリンを摂取したことで、何かしらの症状が強く出る、といったことは確認されていません。

 

前述したアレルギーに関連する、「お腹がゆるくなる」といったことが報告されている程度です。

 

しかも、その症状事態も軽いもので、どこまではラクトフェリンの影響かも判断されていません。

 

アレルギー体質ではない、といった方は危険性についてはそれほど気にする必要はないのです。

 

 

■ラクトフェリン系サプリメントの接種時に気をつけておきたいこと

 

・大量摂取は厳禁

 

ラクトフェリンの安全性が高い、といったことは、あくまで適量を摂取した場合のみです。

 

大量に摂取してしまうと、何が起こるかは分かりません。

 

決められた容量を必ず守って摂取してください。

 

1日分として指定されている量を1日で摂取するべきです。

 

各社とも、1日あたりの摂取量についてはしっかりと考えた上で設定しています。

 

仮に2倍や3倍も摂取し続けてしまうと、体に負担が出てきてしまうかもしれません。

 

そもそも、錠剤の量が多くなると胃腸に負担をかける事にもなります。

 

お腹がゆるくなったり下痢を起こす可能性もあるので、適量摂取する、といったことを心がけるべきです。

 

 

おすすめ商品レビュー