赤ちゃんにも間接的に良い?ラクトフェリンを授乳期間に飲む理由

ラクトフェリンは母乳にも含まれています。

 

ですから、赤ちゃんが摂取しても平気な成分なのです。

 

しかも、健康にも関わっているので、赤ちゃんにもしっかりと供給するために、ママがラクトフェリンサプリを利用したい、と思っているケースも増えてきました。

 

こちらでは、授乳期間にラクトフェリンを利用するメリットについて徹底解説します。

 

小さいお子さんがおり、お乳を与えている、といった女性は必見です。

 

 

■通常の食事では必要な栄養素が足りていない

 

・通常よりも多くの栄養が必要になるのが授乳期

 

妊娠期は多くの栄養が必要であることも知られています。

 

そこでサプリメントなどを利用して、より健康的な状態になろうと勤めるわけですよね。

 

一方で、あまり知られていないのが授乳期にも栄養が必要である、といったことです。

 

妊娠期間が終わってしまうと、利用していたサプリメントの利用をストップしてしまう方が多くなるのですが、実はもう少し続けたほうが良いです。

 

赤ちゃんに対して母乳を与えることになれば、赤ちゃんにしっかりと栄養が含まれているものを与えなければなりません。

 

だからこそ、普段よりも多くの栄養が必須なのです。

 

栄養素には様々なタイプが有りますが、特に注目して欲しいのがラクトフェリンです。

 

母乳によって赤ちゃんに供給できる栄養素の一つですが、母親の摂取量自体が少なくなっている可能性があります。

 

乳製品に含まれているのですが、加工食品では摂取しにくいケースもあるのです。

 

だからこそ、サプリメントを利用する必要が出てきます。

 

 

■赤ちゃんを病気から守るラクトフェリン

 

・ウイルスの影響を受けやすい赤ちゃん

 

小さい時には、ウイルスに感染してしまう可能性が極めて高くなります。

 

お腹を壊してしまったり吐いてしまったり、といったことを何度も経験するわけですよね。

 

なぜ赤ちゃんは体調を崩しやすいのでしょうか。

 

それはまだ免疫システムがしっかりとしていないからです。

 

免疫システムがしっかりと機能していないと、ウイルスが入り放題になってしまうのは想像に固くありません。

 

その免疫システムに大きな関わりを持っているのがラクトフェリンです。

 

ラクトフェリンは腸内に影響を与えます。

 

腸内からウイスルが入り込むことを抑える機能を持っているので、感染症に犯される可能性が一気に低減するのです。

 

赤ちゃんを健康的に成長させたい、と願うお母さんは積極的にラクトフェリンを活用してくださいね。

 

 

おすすめ商品レビュー