生活習慣病に効果あり?ラクトフェリンで血糖値が下がるらしい

30代後半や40代になると、何かしらの生活習慣病を抱えている方が少なくありません。

 

血圧が上がってしまったり、血糖値が高くなってしまったり、メタボリックシンドロームと診断されてしまうこともあるのです。

 

そんな生活習慣病ですが、サプリメントでも対策ができる、って知っていましたか。

 

サプリメントなので強い作用があるわけではありません。

 

安全性も高いのです。

 

こちらでは、生活習慣病対策としてラクフトフェリンのサプリメントの利用をおすすめします。

 

果たしてどのようなものに対してラクトフェリンが効果を発揮してくれるのでしょうか。

 

 

■ラクトフェリンには血糖値を下げる機能がある!

 

・脂肪が身につきにくくなる

 

結構血が上ってしまうと、脂肪に変換されやすくなってしまいます。

 

血糖値の上昇と肥満には密接な関係性があるのです。

 

ラクトフェリンにある血糖値を抑える作用がしっかりと働けば、脂肪が身につきにくい状態が得られます。

 

肥満といった生活習慣病を抑えることにもつながってくるのです。

 

特に30代や40代になると、お腹周りに脂肪が貯まりやすくなってしまいますよね。

 

脂肪が溜まってしまうことが原因で、メタボリックシンドロームと診断されてしまいますし、見た目の印象も悪くなってしまいます。

 

ラクトフェリンを定期的に活用し、血糖値が上がりにくい生活を送りましょう。

 

生活習慣病の改善だけでなく、予防も大いに期待できますよ。

 

 

■特に内臓脂肪を減らす効果があるラクトフェリン!

 

・実験によって内臓脂肪の減少率の高さが証明されている!

 

ラクトフェリンを一定期間飲んでもらう、といった臨床試験が実施されています。

 

精度の高い実験だったのですが、内臓脂肪面積が大きく低減したことが証明されたのです。

 

 

・プラセボと平均して内臓脂肪面積が12.8平方センチメートル減少

 

※日本肥満学会より

 

ラクトフェリンを復調しただけで内臓脂肪が減ったのです。

 

この効果には、多くの研究者が驚きました。

 

医療の現場でも利用できるのではないか、と噂されたほどです。

 

問題は、なぜラクトフェリンが死亡の減少に効果をもたらすのか、といったところですよね。

 

 

■ラクトフェリンが脂肪減少に効果を発揮する理由

 

一つは前述したように血糖値の上昇を抑える、といったところが関わっています。

 

実は、もう一つあるのです。

 

 

・脂肪細胞を合成させない効果あり

 

ラクトフェリンの働きの一つとして、脂肪細胞への影響力があります。

 

脂肪細胞に脂肪が送り込まれることで、我々は太ります。

 

しかし、ラクトフェリンは脂肪細胞の働きを阻害する作用があるのです。

 

結果的に脂肪分解が進み痩せる、といった状況が生まれます。

 

ラクトフェリンはダイエット成分と言っても過言ではありません。

 

 

おすすめ商品レビュー