大人と子供だとラクトフェリンの摂取可能量に違いがある?

ラクトフェリンは全年代におすすめの成分です。

 

免疫力を向上させて健康的な生活を送りたい方全てに利用して欲しい成分、と言っても過言ではありません。

 

ただし、注意しておきたいのが、大人と子供の摂取量の違いです。

 

それほど気にしないでも良いのか、それとも気にしたほうが良いのか、といったことはしっかりと前もって確認すべきです。

 

こちらでは、ラクトフェリンの摂取量と年代について徹底解説します。

 

 

■ラクトフェリンの摂取量は年代によって欲に変化なし

 

・1日あたり300ミリグラムが全年代の基準

 

子供だからといって、大人の半分しか摂取してはダメ、といった決まりはありません。

 

大人とほぼ同じ量を飲んでも良いとされているのです。

 

そもそも、ラクトフェリンは副作用が殆どないとされており、安全性が確保されています。

 

ただ、お子さんが牛乳アレルギーであった場合にはあまりおすすめできません。

 

ラクトフェリンは乳製品に関わる成分なので、アレルギーが反応してしまうこともありえるのです。

 

 

■食品よりもサプリメントのほうが安全性は高い!

 

・食品で摂取すると下痢になることも

 

乳製品を摂取すると、お腹がゆるくなる、といった方も多いです。

 

ラクトフェリンを食品から摂取する場合には、ヨーグルトが利用されることが少なくありません。

 

しかし、ヨーグルトを食べるとお腹がゆるくなる、といった症状が出てしまう方もいます。

 

サプリメントであれば、錠剤を大量に飲んで胃腸に負担をかけないかぎりは下痢になってしまったり、お腹がゆるくなってしまう、といった可能性はかなり低くなります。

 

サプリのほうが、かえって安全にラクトフェリンを摂取することになるのです。

 

 

■もしもサプリを飲んで副作用が出てしまったら?

 

・すぐに服用をストップすること

 

アレルギー症状の可能性が高いです。

 

用法用量を守ったうえで副作用が出てしまった場合には、飲み続けても良い結果が得られるとは考えにくいです。

 

お子さんとの相性が悪い可能性が高いので、もう飲ませないでくださいね。

 

 

■子供に飲ませたいラクトフェリンサプリとは?

 

・ライオンのラクトフェリンがおすすめ

 

1日あたりの摂取量が300ミリグラムであること
1日あたり3粒しか飲まないこと

 

以上の2点からお子さんにもおすすめであると判断します。

 

摂取量が多すぎるわけではないので、高い安全性が確保されています。

 

さらに飲む錠剤の数も多く有りません。

 

何も1度に3錠飲まなければならない、といったことはありません。

 

各食後に1錠ずつ飲む、といた事でも構いませんよ。

 

 

おすすめ商品レビュー