インフルエンザ対策にラクトフェリン?本当に効果があるの?

寒くなってくる時になってくるのがインフルエンザですよね。

 

子供のクラスが学級閉鎖に追い込まれてしまう、なんてこともありえるのです、インフルエンザがひどくなると生命の危険性もあります。

 

お子さんを守るために何かしらの対策をしたい、なんて考えている両親も多いでしょう。

 

ラクトフェリンですが、インフルエンザに対して一定の効果をもたらしてくれる、といった話があります。

 

それは事実なのでしょうか。詳しく解説します。

 

 

■ラクトフェリンを摂取するとインフルエンザ対策になる!

 

・免疫力のアップに繋がる

 

我々の身体の免疫システムがしっかりとしていれば、ある程度のウイルスに対しては対抗できます。

 

インフルエンザにかかりにくくなるのです。

 

ラクトフェリンには腸内の免疫力を高める、といった機能があります。

 

腸の細胞にラクトフェリンが結合することによって、ウイルスの侵入を防いでくれます。

 

インフルエンザにウイルスが細胞に付着しないように徹底的に守ってくれるのです。

 

具体的には、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化することがあげられます。

 

ラクトフェリンを摂取することで、腸内環境が改善します。

 

善玉菌が強化され、悪玉菌が抑制されるのです。

 

そうするとNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活発に働き出します。

 

インフルエンザウイルスと戦ってくれるのです。

 

ちなみにインフルエンザウイルスと同様に恐ろしいノロウイルスについても、免疫力がアップすることで対抗できるようになります。

 

特にノロウイルスに関しては、小腸や十二指腸が大きく関わっています。

 

ラクトフェリンは腸に対して強い作用を持っており、ノロウイルスの侵入を防げるケースが多くなるのです。

 

 

■子供にラクトフェリンを飲ませても平気なの?

 

・未成年が摂取しても全く問題なし

 

そもそもラクトフェリンは乳製品に含まれている成分でもあります。

 

お子さんが摂取したとしても悪い結果が出てしまうわけではありません。

 

サプリメントで摂取したとしても、過剰摂取になってしまうリスクはないです。

 

サプリメント業者もどれくらいの量を含めるかは、安全性を考慮して決めています。

 

子供でも飲める程度の量にしているんですよ。

 

副作用が出てしまうこともほとんどありません。

 

ラクトフェリンを摂取して、下痢を引き起こす、といったこともほとんどないと考えられています。

 

子供はノロウイルスやインフルエンザにかかりやすいもの。

 

積極的にラクトフェリンを摂取させて対策としてみませんか。

 

 

おすすめ商品レビュー