ラクトフェリンって何?摂ると何が良いのかを調べてみました

ラクトフェリンは体に良い、といった漠然としたイメージしかない、といった方も多いと思います。

 

こちらでは、そもそもラクトフェリンとはどんなものなのか、摂取するとどんな効果をもたらしてくれるのか、といったことを解説します。

 

よりラクトフェリンについて詳しくなりたい、といった方は要チェックです。

 

 

■ラクトフェリンとは?

 

・鉄結合性の糖タンパク質

 

ちょっと難しい表現になってしまいますが、アミノ酸の一種です。

 

鉄と結びつく、といった特徴があり、それが人体に対して大きな役割を果たしてくれるのです。

 

 

・いつ発見されたのか?

 

1939年に牛乳の中にあることを発見されました。

 

その時は赤色タンパク質(レッドプロテイン)と言われていました。

 

詳しく解明されたのは1960年です。

 

人間のお乳と牛のお乳からの生成に成功しました。

 

 

・サプリメント以外でも利用されているのか?

 

食品添加物としても利用されています。

 

粉ミルクやヨーグルト、さらにペットフードにまで含まれています。

 

我々も知らず知らずのうちに摂取している成分の一つです。

 

 

・ラクトフェリン副作用はあるのか?

 

重度の副作用については一切報告がありません。

 

人だけでなく、ラットにおける実験でも高い安全性が証明されているのです。

 

ラクトフェリンは乳製品に関わっているので、牛乳アレルギーを持っている方の利用には注意が必要です。

 

重篤な副作用が発見されたわけではありませんが、牛乳アレルギーを持っている方が利用したところ抗体が低濃度ですが認められています。

 

副作用が全く無いわけではないのです。

 

 

■ラクトフェリンを取るとどんな良いことが期待できるの?

 

・最近やウイルス対策ができる

 

ラクトフェリンには高い免疫正常化機能があります。

 

免疫システムが弱っている時に摂取すると、その力を補強してくれるのです。

 

特に腸内の免疫力をアップさせることが分かっており、体内にウイルスが腸から入ってくることを防いでくれます。

 

菌そのものに対する対応力もあります。

 

抗菌作用があるのです。

 

ウイルスについては、ヘルペスやB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイスル、ノロウイルス、ロタウイルスなど、様々なものに対抗できます。

 

 

・抗酸化作用あり

 

身体が酸化しないように対処してくれます。

 

要はアンチエイジング効果があり、美容だけでなく健康についても高い機能が期待できるのです。

 

寿命が伸びる、といった報告もされています。

 

 

おすすめ商品レビュー