血中濃度に影響あり!ラクトフェリンを飲んでみた結果

健康成分として多くの方が気になっているのがラクトフェリンです。

 

インターネット以上でも大々的に宣伝されており、利用してみようか悩んでいる方もどんどん増えています。

 

そして、実際に利用している方も増えているのです。

 

こちらはラクトフェリンを飲むと、まずはどのような効果が出てくるのか、といったことをお話します。

 

 

■10日程度で得られるかもしれない効果とは

 

・痩身効果に期待できる

 

大幅に減るといったわけではありませんが、ラクトフェリンを飲む以外に特に何かしなくても痩せた、といった声が多く寄せられているのです。

 

中には、10日間で1.0キログラム程度痩せた、といった方もいます。

 

体脂肪率についても減った、としている方が多いです。

 

10日あまりで1.0%から2.0%程度減ったとしている方もいます。

 

ラクトフェリンと痩身機能ですが、特に注目して欲しいのが脂肪との関り合いです。実はラクトフェリンには内臓脂肪を減らす、といった機能があることがわかっています。

 

内臓に脂肪がついてしまうと、内臓の機能を阻害してしまいます。

 

大きな健康被害にあってしまう可能性もあり、単に痩せるといっただけでなく健康的に痩せる、といったことが目指せるのもラクトフェリンの大きなメリットといえます。

 

 

・便秘の解消機能が期待できる

 

便秘で悩んでいる方がラクトフェリンを10日ほど利用してみたところ、お通じの回数が増えた、といった報告が多いのです。

 

便秘気味である、毎日の生活の憂鬱です。

 

いつ便意が来るかわからないので、いつもトイレの位置を気にしている状態になりかねません。

 

便秘の解消機能ですが、ラクトフェリンの悪玉菌阻害効果が関わっています。

 

腸内には菌がおり、その菌は善玉菌と悪玉菌に分類されるのです。

 

悪玉菌と善玉菌ですが、悪玉菌が20%、善玉菌が80%といった比率になっています。

 

そのバランスが崩れてしまうと、便秘の症状がどうしても出てきてしまうのです。

 

ラクトフェリンには増えすぎてしまった悪玉菌の力を弱める機能があります。

 

悪玉菌の力が弱まり、善玉菌が優位となれば、便秘は自然と解消に向かいます。
■鉄の血中濃度を引き下げてくれる!

 

・鉄は加齢の原因になる!

 

ラクトフェリン最大のメリットと言っても良いのがアンチエイジングです。

 

加齢に関しては、鉄が大きな役割を果たしています。

 

憎き活性酸素の餌になる、といっても過言ではありません。

 

ラクトフェリンには鉄分と結合して活性酸素に利用されないようにする機能があります。

 

加齢の作用を押さえ込めるのです。

 

 

おすすめ商品レビュー