アンチエイジングをラクトフェリンで実現?若返ることは可能か

特に女性の大きなテーマとなるのがアンチエイジングです。

 

少しでも若く見られたい、といったことを思いますよね。

 

しかし、加齢の波はどんどんと押し寄せてきます。

 

なかなか良い結果が得られない、といったことで悩んでいる方も少なくありません。

 

こちらではアンチエイジング対策としてラクトフェリンを利用する、といった方法をおすすめします。

 

果たしてラクトフェリンには、どんなアンチエイジング系の機能があるのでしょうか。

 

 

■老化の元!酸化を抑える機能がラクトフェリンにはある

 

・高い抗酸化作用あり!

 

我々が老化してしまう原因となっている忌々しい存在が活性酸素です。

 

活性酸素が体内に増えてしまうと、細胞などが機能不全に陥ってしまいます。

 

年上に見られるような状況が出てきてしまいかねません。

 

ラクトフェリンには、老化のもとである活性酸素自体を抑える機能が認められているのです。

 

そもそも活性酸素は鉄によってその数を増やしてしまいます。

 

要は体内の鉄を減らせばよいのですが、そこで関わってくるのがラクトフェリンです。

 

ラクトフェリンは鉄と結びつく作用を持っており、活性酸素に利用されてしまうのを防いでくれるのです。

 

結果的にアンチエイジングにつながってきます。

 

 

■血管の若返り効果にも注目

 

・年齢は血管にも現れる

 

たとえば、動脈硬化、といった恐ろしい病気もありますよね。

 

症状がひどくなってしまえば、生命にも影響が出てしまいかねません。

 

その動脈硬化も、年齢に関わってくるのです。

 

ラクトフェリンには、動脈硬化の原因物質に対する作用があります。

 

動脈硬化の原因物質はAGEと呼ばれているものです。

 

終末糖化産物と言われているものであり、いわゆる毒素のようなものです。

 

身体にとってはいらないものですが、年齢とともに蓄積しやすくなり、血管を脆弱にしてしまいます。

 

ラクトフェリンには、そのAGEを体外に排除できる機能を持っているのです。

 

要はデトックス効果があるわけですね。

 

AGEが発生したとしても体外に効率的に排出されるようになれば、動脈効果のリスクは大幅に低減します。

 

血管の若返り効果が狙えるのです。

 

 

■見た目の若さにも要効果あり

 

・ポッコリお腹を防ぐ

 

年齢とともに、お腹に問題が出てきてしまいます。

 

ぽっこりと前に突き出してしまうようなお腹に悩んでいる方も多く有りませんか。

 

原因には、便秘といったものやガスが溜まる、といったものがあるのです。

 

ラクトフェリンには腸内環境改善作用があり、便秘を防いだりガスを発生しにくくしたりする作用があります。

 

ポッコリお腹になりにくくなるのです。

 

 

おすすめ商品レビュー